「穏健な反体制派」とジハード主義武装集団が「自由シリア軍」の名で共同声明を出し、反体制派統合をめざすと発表(2016年12月28日)

「穏健な反体制派」と目される反体制武装集団とジハード主義武装集団の合わせて10組織は共同声明を出し、反体制武装集団の統合をめざすことで一致したと発表した。

共同声明は、「自由シリア軍」の名で出され、シャームの鷹旅団、シャームの民戦線(ムジャーヒディーン軍、シャーム革命家、バヤーリク・イスラーム)、シャーム戦線、シャーム軍団、イスラーム殉教者旅団(ダーライヤー市)、イスラーム軍、覚醒師団、第1連隊、東部自由人、フルカーン旅団(イドリブ県)が参加している。

ドゥラル・シャーミーヤ(12月28日付)によると、この統合で結成される「自由シリア軍」はアレッポ県、イドリブ県に1万8,000人の戦闘員を擁することになる。

Kull-na Shuraka', December 28, 2016

Kull-na Shuraka’, December 28, 2016

 

AFP, December 28, 2016、AP, December 28, 2016、ARA News, December 28, 2016、Champress, December 28, 2016、al-Durar al-Shamiya, December 28, 2016、al-Hayat, December 29, 2016、Iraqi News, December 28, 2016、Kull-na Shuraka’, December 28, 2016、al-Mada Press, December 28, 2016、Naharnet, December 28, 2016、NNA, December 28, 2016、Reuters, December 28, 2016、SANA, December 28, 2016、UPI, December 28, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク