YPG主体のシリア民主軍報道官は米国からの地対空ミサイル供与に期待を寄せ、仮想敵トルコを牽制(2016年12月28日)

西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のタラール・サッルー報道官は、23日のバラク・オバマ米政権が承認した2017年国防権限法(NNDA)を承認し、シリア反体制武装集団への地対空ミサイル供与を認可したことに関して、ロイター(12月28日付)に対して、シリア民主軍に地対空ミサイルが供与されることへの期待感を表明した。

スィッルー報道官は、シリア民主軍の主敵であるダーイシュ(イスラーム国)が航空兵器を保有していないとしたうえで、地対空ミサイルの保有に意欲を示した。

また、この地対空ミサイルの使用が想定される仮想敵が誰であるかについて明言することは避けつつ、シリア民主軍とシリア軍、そしてロシアとの対立は生じていないと付言、仮想敵がトルコであることを示唆した。

AFP, December 28, 2016、AP, December 28, 2016、ARA News, December 28, 2016、Champress, December 28, 2016、al-Hayat, December 29, 2016、Iraqi News, December 28, 2016、Kull-na Shuraka’, December 28, 2016、al-Mada Press, December 28, 2016、Naharnet, December 28, 2016、NNA, December 28, 2016、Reuters, December 28, 2016、SANA, December 28, 2016、UPI, December 28, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク