ダマスカス郊外県バラダー渓谷一帯で、シリア軍が、停戦合意に応じていないシャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなる武装集団への攻撃を続ける(2016年12月31日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、アイン・フィージャ町一帯のバラダー渓谷で、戦闘機(所属明示せず)が10回ほど空爆を実施、またシリア軍、ヒズブッラーなどの親政権武装勢力が同地でシャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団と交戦した。

なお、シャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動は、ロシア・トルコ仲介によるシリア政府と反体制武装集団の停戦に応じていない。

また、クッルナー・シュラカー(12月31日付)によると、シリア軍が、バラダー渓谷一帯の町・村、東グータ地方のマイダアーニー村一帯に対して、空爆・砲撃を継続した。

**

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(12月31日付)によると、シリア軍がダルアー市内の反体制武装集団支配地域(マンシヤ地区)を砲撃、同地一帯で反体制武装集団と交戦した。

また、ARA News(12月31日付)によると、シリア軍と反体制武装集団はまたアルマー町一帯でも交戦した。

**

ヒムス県では、ARA News(12月31日付)によると、シリア軍がハラーリーヤ村、ウンム・シャルシューフ村を砲撃した。

**

ラタキア県フマイミーム軍事飛行場のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターは、過去24時間(12月30日)にシリア領内で12件の停戦違反が発生したと発表した。

停戦違反は、ダマスカス郊外県で6件、アレッポ県で5件、ハマー件で1件発生し、「ヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)のテロリスト」が同地の町や街区に対して砲撃を加えたという。

AFP, December 31, 2016、AP, December 31, 2016、ARA News, December 31, 2016、Champress, December 31, 2016、al-Hayat, January 1, 2017、Iraqi News, December 31, 2016、Kull-na Shuraka’, December 31, 2016、al-Mada Press, December 31, 2016、Naharnet, December 31, 2016、NNA, December 31, 2016、Reuters, December 31, 2016、SANA, December 31, 2016、UPI, December 31, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク