ハイダル国民和解担当国務大臣「イドリブに外国人戦闘員が居続けるのなら、この地域で彼らと全面的に戦う」(2017年1月6日)

アリー・ハイダル国民和解担当国務大臣は、ロイター(1月6日付)に対し、「もし外国人戦闘員を排除し、武器兵站、資金の道を閉ざすという国際的なコンセンサスが生じず、こうした客観的な状態が続き、イドリブがこれらの戦闘員にとっての居場所であり続けるのなら、最終的な選択肢は、この地域において彼らと全面戦争を行うことだ」と述べた。


AFP, January 6, 2017、AP, January 6, 2017、ARA News, January 6, 2017、Champress, January 6, 2017、al-Hayat, January 7, 2017、Iraqi News, January 6, 2017、Kull-na Shuraka’, January 6, 2017、al-Mada Press, January 6, 2017、Naharnet, January 6, 2017、NNA, January 6, 2017、Reuters, January 6, 2017、SANA, January 6, 2017、UPI, January 6, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク