ファトフ軍支配下のイドリブ県、アレッポ県各地で有志連合によるシャーム・ファトフ戦線拠点空爆を批判するデモ(2017年1月6日)

イドリブ県では、『ハヤート』(1月7日付)によると、シャーム・ファトフ戦線のシューラー評議会メンバーの一人ユーヌス・シュアイブ氏(アブー・ハサン・タフタナーズ)が、有志連合と思われる無人戦闘機によるタフタナーズ市への空爆で息子とともに死亡した。イドリブ県では、ARA
News(1月6日付)によると、シャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などが主導するファトフ軍支配下のイドリブ市、マアッラト・ヌウマーン市、サラーキブ市、サルマダー町で、有志連合によるシャーム・ファトフ戦線の拠点空爆に抗議するデモが行われた。

また、アレッポ県でも、アターリブ市、ダーラ・イッザ市で同様のデモが行われ、ダマスカス郊外県バラダー渓谷との連帯、反体制武装集団の統合などが主唱された。

AFP, January 6, 2017、AP, January 6, 2017、ARA News, January 6, 2017、Champress, January 6, 2017、al-Hayat, January 7, 2017、Iraqi News, January 6, 2017、Kull-na Shuraka’, January 6, 2017、al-Mada Press, January 6, 2017、Naharnet, January 6, 2017、NNA, January 6, 2017、Reuters, January 6, 2017、SANA, January 6, 2017、UPI, January 6, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク