トナー米国務省報道官「PYDはアスタナ会議に加わらねばならない」(2017年1月11日)

米国務省のマーク・トナー報道官は、1月23日にカザフスタンの首都アスタナで予定されているシリア政府と反体制武装集団の和平協議(アスタナ会議)に関して、プレス向け声明を出し、「シリアの戦争を食い止める唯一の方法は、この国の危機を解決するための策を作り出すため、国連による努力が続けられることだ」としたうえで、「シリアのクルド人もこのプロセスに加われねばならない」と強調した。

トナー報道官はまた「民主連合党(PYD)も何らかの段階でこのプロセスの一部とならねばならない。PYDは現地に影響力を有する組織で、シリアでの問題の長期的解決を検討するうえで耳を傾けられるべきだ」と付言した。

ARA News(1月11日付)が伝えた。

AFP, January 11, 2017、AP, January 11, 2017、ARA News, January 11, 2017、Champress, January 11, 2017、al-Hayat, January 12, 2017、Iraqi News, January 11, 2017、Kull-na Shuraka’, January 11, 2017、al-Mada Press, January 11, 2017、Naharnet, January 11, 2017、NNA, January 11, 2017、Reuters, January 11, 2017、SANA, January 11, 2017、UPI, January 11, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク