ダーイシュがタドムル市にあるUNESCO世界遺産のパルミラ遺跡のローマ劇場と四面門を破壊(2017年1月20日)

SANA(1月20日付)は、ヒムス県タドムル市の複数の住民の話として、12月11日に同市を再制圧したダーイシュ(イスラーム国)が、UNESCO世界文化遺産のパルミラ遺跡群のローマ式の円形劇場、四面門に爆弾を仕掛け、破壊したと伝えた。

Kull-na Shuraka', January 20, 2017

Kull-na Shuraka’, January 20, 2017

Kull-na Shuraka', January 20, 2017

Kull-na Shuraka’, January 20, 2017

Kull-na Shuraka', January 20, 2017

Kull-na Shuraka’, January 20, 2017


なお、シリア人権監視団によると、破壊に先立って、ダーイシュはローマ式円形劇場で18日、シリア軍兵士ら12人を斬首している

**

これに関して、UNESCOのイリナ・ボコバ事務局長は「こうした意図的破壊は新たな戦争犯罪だ。それはシリア国民、そして人類にとって大きな損失だ」と非難した。

AFP, January 20, 2017、AP, January 20, 2017、ARA News, January 20, 2017、Champress, January 20, 2017、al-Hayat, January 21, 2017、Iraqi News, January 20, 2017、Kull-na Shuraka’, January 20, 2017、al-Mada Press, January 20, 2017、Naharnet, January 20, 2017、NNA, January 20, 2017、Reuters, January 20, 2017、SANA, January 20, 2017、UPI, January 20, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク