ダマスカス郊外県のバイト・ジン村、マガル・ミール村から停戦を拒否する戦闘員約100人が退去する一方、シリア政府の支配に復帰したダルアー県フィキーア村で住民400人が帰宅(2017年1月20日)

ダマスカス郊外県では、SANA(1月20日付)によると、西グータ地方で活動を続けてきた反体制武装集団とシリア政府による停戦合意に基づき、バイト・ジン村、マガル・ミール村から、投降を拒否する戦闘員約100人がその家族とともに、シャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるファトフ軍支配下のイドリブ県に向けて退去を開始した。

当局への投降を受け入れた戦闘員は2016年政令第15号に基づき、恩赦されるという。

Kull-na Shuraka', January 20, 2017

Kull-na Shuraka’, January 20, 2017

しかし、バイト・サービル町では、地元の和解委員会メンバーが乗った車が爆弾の爆発に巻き込まれ、2人が死亡、1人が負傷した。

また、クッルナー・シュラカー(1月19日付)によると、シリア軍がイスラーム軍の拠点都市ドゥーマー市を砲撃し、子供2人と女性2人の4人が死亡した。

**

ダルアー郊外県では、SANA(1月20日付)によると、シャイフ・マスキーン市近郊のフィキーア村がシリア政府の支配下に復帰し、治安と安定を回復したことを受け、住民数百世帯(約400人)が帰宅した。

SANA, January 20, 2017

SANA, January 20, 2017

AFP, January 20, 2017、AP, January 20, 2017、ARA News, January 20, 2017、Champress, January 20, 2017、al-Hayat, January 21, 2017、Iraqi News, January 20, 2017、Kull-na Shuraka’, January 20, 2017、al-Mada Press, January 20, 2017、Naharnet, January 20, 2017、NNA, January 20, 2017、Reuters, January 20, 2017、SANA, January 20, 2017、UPI, January 20, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク