ダーイシュのバーブ市、ターディフ市方面からの撤退を受け、シリア軍、トルコ軍はバーブ市東部の村々の分割を完了(2017年2月28日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がマンビジュ市郊外の西クルディスタン移行期民政局支配地域に到達したことを受け、バーブ市およびターディフ市を喪失したダーイシュ(イスラーム国)がバーブ市東部一帯からの撤退を続けた。

これにより、シリア軍はフライスィーヤ村、アームーディーヤ村を新たに制圧、ウンム・マイヤール村のダーイシュ拠点を空爆した。

一方、クッルナー・シュラカー(2月28日付)によると、トルコ軍と同軍の支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室も、クライディーヤ村、ウンム・ハミーラ村の2カ村をダーイシュ(イスラーム国)から奪取、これを制圧した。

このほか、クッルナー・シュラカー(2月28日付)によると、バーブ市では、ダーイシュ(イスラーム国)が敷設した地雷が爆発し、住民5人が死亡した。

Kull-na Shuraka’, February 28, 2017

**

ヒムス県では、SANA(2月28日付)によると、シリア軍がタドムル市一帯およびタール山一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(2月28日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市南部の電気保全旅団基地一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、またハトラ村などのダーイシュ拠点を空爆した。

AFP, February 28, 2017、AP, February 28, 2017、ARA News, February 28, 2017、Champress, February 28, 2017、al-Hayat, March 1, 2017、Iraqi News, February 28, 2017、Kull-na Shuraka’, February 28, 2017、al-Mada Press, February 28, 2017、Naharnet, February 28, 2017、NNA, February 28, 2017、Reuters, February 28, 2017、SANA, February 28, 2017、UPI, February 28, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク