ヒムス市ワアル地区に対するシリア軍の砲撃でホワイト・ヘルメット隊員を含む6人が死亡(2017年2月28日)

ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(2月28日付)によると、シリア軍がヒムス市ワアル地区を砲撃し、ホワイト・ヘルメット(民間防衛隊)の隊員1人を含む6人が死亡した。

**

ダマスカス郊外県では、SANA(2月28日付)によると、シャーム解放委員会がアルナ村を砲撃し、2人が死亡、7人が負傷した。

**

ダマスカス県では、SANA(2月28日付)によると、カラムーン区で活動する反体制武装集団が、ロシア大使館などがあるアドウィー地区を砲撃し、7人が負傷した。

**

イドリブ県では、SANA(2月28日付)によると、シリア軍が、マアッラト・ヌウマーン市近郊のダイル・シャルキー村、タマーニア町、シャフシャブー山、ラカーヤー村、カフルサジュナ村、タルマラ村、マアッラト・ハルマ村、アリーハー市にあるシャーム解放委員会の拠点を空爆した。

**

ハマー県では、SANA(2月28日付)によると、シリア軍がタイバト・イマーム市、ムーリク市でシャーム解放委員会の拠点を空爆したほか、ブワイダ村でイッザ連合の拠点を攻撃した。

AFP, February 28, 2017、AP, February 28, 2017、ARA News, February 28, 2017、Champress, February 28, 2017、al-Hayat, March 1, 2017、Iraqi News, February 28, 2017、Kull-na Shuraka’, February 28, 2017、al-Mada Press, February 28, 2017、Naharnet, February 28, 2017、NNA, February 28, 2017、Reuters, February 28, 2017、SANA, February 28, 2017、UPI, February 28, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク