YPG主体のシリア民主軍がマーリア市(アレッポ県)南部でトルコ軍の支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室から1カ村を奪取し制圧(2017年3月11日)

アレッポ県では、ARA News(3月11日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、トルコ軍の支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室を攻撃し、マーリア市南部のトゥワイス村を制圧した。

またシリア民主軍は、ロジャヴァの拠点都市アフリーン市内の拘置所に収監していたハワール・キッリス作戦司令室に所属する武装集団の戦闘員や、ダーイシュ(イスラーム国)に武器を売却していた密輸人ら80人を釈放した。

ARA News, March 11, 2017

AFP, March 11, 2017、AP, March 11, 2017、ARA News, March 11, 2017、Champress, March 11, 2017、al-Hayat, March 12, 2017、Iraqi News, March 11, 2017、Kull-na Shuraka’, March 11, 2017、al-Mada Press, March 11, 2017、Naharnet, March 11, 2017、NNA, March 11, 2017、Reuters, March 11, 2017、SANA, March 11, 2017、UPI, March 11, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク