YPG主体のシリア民主軍はマンビジュ市西部の4カ村をシリア軍所属のシリア国境警備隊に引き渡す(2017年3月16日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(3月16日付)がクルド消息筋の話として、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が、マンビジュ市西部近郊の4カ村をシリア軍所属のシリア国境警備隊に引き渡したと伝えた。

シリア民主軍が引き渡したのは、ブーガーズ村、ミール・ワイラーン村、サーブ・ワイラーン村、クール・フユーク村で、いずれも住民はクルド人だという。

**

ラッカ県では、ARA News(3月16日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がラッカ市東部郊外のハムド・アッサーフ穀物サイロ一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、同地を制圧した。

一方、シリア民主軍が続行する「フーフラテスの怒り」作戦に参加するシリア・エリート部隊(アフマド・ウワイヤーン・ジャルバー氏指揮)は声明を出し、ラッカ市北東部のカラーマ村一帯でのダーイシュ(イスラーム国)との15日の戦闘で、部隊に所属するサアドッッラー・ジャービリー大隊司令官のムハンマド・ラマダーン氏が死亡したと発表した。

AFP, March 16, 2017、AP, March 16, 2017、ARA News, March 16, 2017、Champress, March 16, 2017、al-Hayat, March 17, 2017、Iraqi News, March 16, 2017、Kull-na Shuraka’, March 16, 2017、al-Mada Press, March 16, 2017、Naharnet, March 16, 2017、NNA, March 16, 2017、Reuters, March 16, 2017、SANA, March 16, 2017、UPI, March 16, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク