シリア軍はシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団の拠点イドリブ市、ハーン・シャイフーン市を空爆し、女性や子供ら11人が死亡(2017年3月19日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍戦闘機がイドリブ県に対しても空爆を行い、子供2人と女性3人を含む6人が死亡した。

戦闘機はまたハーン・シャイフーン市各所を空爆し、女性1人と子供2人を含む5人が死亡した。

**

ヒムス県では、SANA(3月19日付)によると、シリア軍がダイル・フール村、カフルラーハー市、アクラブ町でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ラタキア県では、SANA(3月19日付)によると、カッラーバー農場一帯でシャーム解放委員会の車輌を攻撃した。

AFP, March 19, 2017、AP, March 19, 2017、ARA News, March 19, 2017、Champress, March 19, 2017、al-Hayat, March 20, 2017、Iraqi News, March 19, 2017、Kull-na Shuraka’, March 19, 2017、al-Mada Press, March 19, 2017、Naharnet, March 19, 2017、NNA, March 19, 2017、Reuters, March 19, 2017、SANA, March 19, 2017、UPI, March 19, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク