米主導の有志連合はダーイシュの拠点都市タブカ市を空爆し、民間人87人を殺害(2017年3月23日)

ラッカ県では、「ラッカは沈黙のうちに惨殺される」(3月23日付)によると、米主導の有志連合が、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つタブカ市内の第2地区にあるパン製造・配給所とその周辺の商店などを空爆し、民間人87人が死亡した(シリア人権監視団によると、少なくとも民間人13人が死亡)。

Kull-na Shuraka’, March 23, 2017

**

一方、クッルナー・シュラカー(3月23日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍がラッカ市北部郊外でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、ムシャイリファ村、シャフナート村を制圧した。

AFP, March 23, 2017、AP, March 23, 2017、ARA News, March 23, 2017、Champress, March 23, 2017、al-Hayat, March 24, 2017、Iraqi News, March 23, 2017、Kull-na Shuraka’, March 23, 2017、al-Mada Press, March 23, 2017、Naharnet, March 23, 2017、NNA, March 23, 2017、Raqqa-sl, March 23, 2017、Reuters, March 23, 2017、SANA, March 23, 2017、UPI, March 23, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク