シリア軍はハマー県北部でのシャーム解放委員会、ウズベク人、トルキスタン人、コーカサス人らからなる反体制武装集団との戦闘で有毒ガスを使用(2017年3月30日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が県北部のラターミナ町、ズーワール村を空爆した。

このうちズーワール村に対して行われた空爆は、同監視団およびSNN(3月30日付)などによると、Su-22が有毒ガスを装填した「樽爆弾」を投下し、20人が呼吸困難となり、病院に搬送されたという。

Kull-na Shuraka’, March 30, 2017

また、ムガイル村からブライディージュ村にいたる回廊地帯では、シリア軍とシャーム解放委員会、ウズベク人、トルキスタン人、コーカサス人などからなる反体制武装集団が交戦を続け、シリア軍がアルザ村を制圧した。

一方、SANA(3月30日付)によると、シリア軍が予備部隊とともに県南部でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦し、東アルザ村、西アルザ村、クサイイーヤ村、バルフサイン村、ヒルバト・ハジャーマ村、シーハ丘を制圧、同地の治安と安定を回復した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がガッサーニーヤ村およびその一帯を空爆した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ハラスター市近郊のダーヒヤト・アサド町に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾複数発が着弾した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、バルザ地区郊外の農園地帯で、シリア軍がラフマーン軍団などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、SANA(3月30日付)によると、シリア軍がシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団とダルアー市バハール地区、アッバースィーヤ・パン製造所南部一帯で交戦した。

**

スワイダー県では、SANA(3月30日付)によると、シリア軍がバルガシャ村・シヤーハート村間一帯(ラジャート高原)でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ヒムス県では、SANA(3月30日付)によると、シリア軍がダイル・フール村・ラスタン市間一帯でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦した。

AFP, March 30, 2017、AP, March 30, 2017、ARA News, March 30, 2017、Champress, March 30, 2017、al-Hayat, March 31, 2017、Iraqi News, March 30, 2017、Kull-na Shuraka’, March 30, 2017、al-Mada Press, March 30, 2017、Naharnet, March 30, 2017、NNA, March 30, 2017、Reuters, March 30, 2017、SANA, March 30, 2017、SNN, March 30, 2017、UPI, March 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.


カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク