ダマスカス郊外県南東部の砂漠地帯で米CIAが支援する「ハマード浄化のため我らは馬具を備えし」作戦司令室がダーイシュと戦闘を続ける(2017年3月30日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、県南東部の砂漠地帯で、「ハマード浄化のため我らは馬具を備えし」作戦司令室がダーイシュ(イスラーム国)と戦闘を続けた。

『ハヤート』(3月31日付)によると、「ハマード浄化のため我らは馬具を備えし」作戦司令室は、米CIAの支援プログラムの一環として、ヨルダン経由で欧米諸国からの軍事支援を受けているという。

AFP, March 30, 2017、AP, March 30, 2017、ARA News, March 30, 2017、Champress, March 30, 2017、al-Hayat, March 31, 2017、Iraqi News, March 30, 2017、Kull-na Shuraka’, March 30, 2017、al-Mada Press, March 30, 2017、Naharnet, March 30, 2017、NNA, March 30, 2017、Reuters, March 30, 2017、SANA, March 30, 2017、UPI, March 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク