ダーイシュは3月15日の首都ダマスカスでの連続自爆テロへの関与を認める(2017年3月30日)

ダーイシュ(イスラーム国)は、週間機関誌『ナバア』第74号で、3月15日に首都ダマスカスのナスル通りにある裁判所内とラブワ地区のレストランで発生した連続自爆テロに関して、自爆戦闘員2人が実行したことを明らかにし、犯行への関与を認めた。

自爆テロを実行したのは、アブー・ムーサー・ジャウラーニー、アブー・フィラース・シャーミーを名乗る2人だという。

AFP, March 30, 2017、AP, March 30, 2017、ARA News, March 30, 2017、Champress, March 30, 2017、al-Hayat, March 31, 2017、Iraqi News, March 30, 2017、Kull-na Shuraka’, March 30, 2017、al-Mada Press, March 30, 2017、Naharnet, March 30, 2017、NNA, March 30, 2017、Reuters, March 30, 2017、SANA, March 30, 2017、UPI, March 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.


カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク