ヒムス市ワアル地区からの退去希望者170人がアレッポ県ジャラーブルス市に向け出発、544人は投降し放免に(2017年4月17日)

ヒムス県では、SANA(4月17日付)によると、ヒムス市ワアル地区での停戦合意に従い、退去を希望する反体制武装集団戦闘員とその家族170人がシリア政府によって用意された大型旅客バスに乗って、アレッポ県ジャラーブルス市に向かって出発した。

ワアル地区からの退去はこれで5回目。

一方、反体制武装集団戦闘員で当局に投降した544人が、2016年政令第15号に従い、恩赦を受け、放免となった。

AFP, April 17, 2017、AP, April 17, 2017、ARA News, April 17, 2017、Champress, April 17, 2017、al-Hayat, April 18, 2017、Iraqi News, April 17, 2017、Kull-na Shuraka’, April 17, 2017、al-Mada Press, April 17, 2017、Naharnet, April 17, 2017、NNA, April 17, 2017、Reuters, April 17, 2017、SANA, April 17, 2017、UPI, April 17, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク