シリア軍はハマー県北部の要衝スーラーン市をシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団から奪還(2017年4月17日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が県北部一帯でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦し、戦略的要衝のスーラーン市を制圧、またタイバト・イマーム町、ハルファーヤー市、ラターミナ町、カフルズィーター市、アズワール地区、サンサフル村、バティーシュ村に対して25回以上の空爆を実施した。

シリア軍はまた、サラミーヤ市西部のサトヒーヤート村でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦した。

一方、SANA(4月17日付)によると、シリア軍が予備部隊とともに県北部でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦、スーラーン市を奪還、同地の治安と安定を回復した。

シリア軍はまた、バッザーム丘、タイバト・イマーム町東部入口に位置するクッバーン検問所も制圧した。

このほか、シリア軍はサラミーヤ市西部のサトヒーヤート村でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がブスラー・シャーム市を空爆した。

またダルアー市では、マンシヤ地区一帯でシリア軍とシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団が交戦したほか、戦闘機・ヘリコプターが50回あまりの空爆を実施した。

一方、クッルナー・シュラカー(4月17日付)によると、シャーム解放委員会などからなる「堅固な建造物」作戦司令室が、ダルアー市内にあるシリア軍拠点を手製の「ハウラーン・ウマル」ミサイルで砲撃した。

ミサイルはサジュナ地区にあるシリア軍拠点、弾薬庫などに命中したという。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がハーン・シャイフーン市一帯、バービスカー村、フバイト村を空爆した。

また、、クッルナー・シュラカー(4月17日付)によると、ロシア軍がシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団の支配下にあるザーウィヤ山を空爆し、シャンナーン野戦病院を破壊、利用不能とした。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市西部のジャムイーヤト・ザフラー地区一帯でシリア軍とシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団が砲撃戦を行った。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ティシュリーン地区のハーフィズ通り一帯で、シリア軍と反体制武装集団が交戦、カーブーン地区にシリア軍が撃った地対地ミサイルと思われる砲弾が着弾した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダフル・アスワド丘一帯、ハラスター市を砲撃したほか、ドゥーマー市を空爆した。

**

クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、ハドル村でシリア軍と反体制武装集団が交戦した。

一方、SANA(4月17日付)によると、シリア軍が県北部の東サムダーニーヤ村、ハーン・アルナバ市一帯でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦した。

AFP, April 17, 2017、AP, April 17, 2017、ARA News, April 17, 2017、Champress, April 17, 2017、al-Hayat, April 18, 2017、Iraqi News, April 17, 2017、Kull-na Shuraka’, April 17, 2017、al-Mada Press, April 17, 2017、Naharnet, April 17, 2017、NNA, April 17, 2017、Reuters, April 17, 2017、SANA, April 17, 2017、UPI, April 17, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク