スワイダー県、ダマスカス郊外県内のシリア政府支配地域で、独立記念日に合わせて、体制打倒、ロシア・イランの撤退を求めるデモが発生(2017年4月17日)

スワイダー県では、クッルナー・シュラカー(4月17日付)によると、シリア政府支配下のマズラア町で独立記念日を祝う集会が行われ、住民数十人が参加し、体制打倒を改めて訴えた。

マズラア町は、2011年3月に反体制デモが最初に起きた町の一つ。

Kull-na Shuraka’, April 18, 2017

これに対して、当局は、スルターン・バーシャー・アトラシュの生地であるクライヤー町で独立記念日の祝典を開催した。

Kull-na Shuraka’, April 18, 2017

**

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(4月18日付)によると、シリア政府支配下のヤルダー市で独立記念日を祝うデモ行進が行われた。

デモ参加者はヤルダー市から、ビビーラー市、バイト・サフム市に向けて行進し、「ロシアおよびイランの占領者の退去」「体制打倒」を訴えた。

Kull-na Shuraka’, April 18, 2017

Kull-na Shuraka’, April 18, 2017

Kull-na Shuraka’, April 18, 2017

Kull-na Shuraka’, April 18, 2017

Kull-na Shuraka’, April 18, 2017

 

AFP, April 18, 2017、AP, April 18, 2017、ARA News, April 18, 2017、Champress, April 18, 2017、al-Hayat, April 19, 2017、Iraqi News, April 18, 2017、Kull-na Shuraka’, April 17, 2017、April 18, 2017、al-Mada Press, April 18, 2017、Naharnet, April 18, 2017、NNA, April 18, 2017、Reuters, April 18, 2017、SANA, April 18, 2017、UPI, April 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク