YPG主体のシリア民主軍はダーイシュの中心都市ラッカ市解放を見据えて、その自治を担う「ラッカ民政評議会」準備委員会会合を開催(2017年4月18日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍のタラール・スィッルー報道官は声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)の中心都市ラッカ市解放後を見据え、同市の自治を担う「ラッカ民政評議会」を設置すると発表、設置に向けた準備委員会がラッカ市の住民、部族の名士らと会談し、ラッカ市自治の方法に関する意見を聴取した」ことを明らかにした。

**

ラッカ県では、ARA News(4月18日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がタブカ市北西部一帯、大アーイド村一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、米主導の有志連合が同地一帯を空爆した。

AFP, April 18, 2017、AP, April 18, 2017、ARA News, April 18, 2017、Champress, April 18, 2017、al-Hayat, April 19, 2017、Iraqi News, April 18, 2017、Kull-na Shuraka’, April 18, 2017、al-Mada Press, April 18, 2017、Naharnet, April 18, 2017、NNA, April 18, 2017、Reuters, April 18, 2017、SANA, April 18, 2017、UPI, April 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク