イスラエル軍高官はシリア軍が現在も化学兵器数トンを保有していると述べる一方、ロシア国防省報道官はOPCWによるハーン・シャイフーン市で採取されたサンプル検査に疑義(2017年4月20日)

イスラエル軍の匿名上級士官は、ロイター(4月20日付)に対し、シリア軍が現在もなお化学兵器数トンを保有していると述べた。

**

ロシア国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は、化学兵器禁止機関(OPCW)のアフメト・ウズムジュ事務局長が、4日のイドリブ県ハーン・シャイフーン市での化学兵器疑惑に関して、サリン・ガスないしはそれに類する有毒ガスが使用された」と述べたことに関して、採取されたとされるサンプルの信憑性に疑義を呈するとともに、「どのようにしたらこれほど早く分析することができるのか」と疑問を呈した。

『ハヤート』(4月21日付)などが伝えた。

AFP, April 20, 2017、AP, April 20, 2017、ARA News, April 20, 2017、Champress, April 20, 2017、al-Hayat, April 21, 2017、Iraqi News, April 20, 2017、Kull-na Shuraka’, April 20, 2017、al-Mada Press, April 20, 2017、Naharnet, April 20, 2017、NNA, April 20, 2017、Reuters, April 20, 2017、SANA, April 20, 2017、UPI, April 20, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.


カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク