シリア国民連合傘下の暫定内閣国防省はアレッポ県北部の武装集団を統合し「シリア国民軍」を結成すると発表(2017年12月30日)

トルコのガジアンテップ市で活動するシリア革命反体制勢力国民連立傘下の暫定内閣国防省は、トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室、「家の者たち」作戦司令室)の拠点都市であるアレッポ県アアザーズ市内にある参謀委員会本部で会合を開き、アレッポ県の「解放区」で「シリア国民軍」を結成すると発表した。

会合には、アレッポ県東部および北部で活動するすべての反体制武装集団の幹部が参加した。

ドゥラル・シャーミーヤ(12月30日付)が伝えた。

al-Durar al-Shamiya, December 30, 2017

AFP, December 30, 2017、ANHA, December 30, 2017、AP, December 30, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 30, 2017、al-Hayat, December 31, 2017、Reuters, December 30, 2017、SANA, December 30, 2017、UPI, December 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク