トルコ軍がロジャヴァ支配地域近くのシリア領内に対空ミサイル・システムを配備(2018年12月31日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(1月1日付)が複数の地元消息筋の話として伝えたところによると、トルコ軍部隊が31日晩、西クルディスタン移行期民政局支配下のアフリーン市一帯およびタッル・リフアト市一帯に近いダーラ・イッザ市近郊に対空ミサイル・システムMIM-23ホーク、通信設備およびレーダーを配備した。

al-Durar al-Shamiya, January 1, 2018

al-Durar al-Shamiya, January 1, 2018

AFP, January 1, 2018、ANHA, January 1, 2018、AP, January 1, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 1, 2018、al-Hayat, January 2, 2018、Reuters, January 1, 2018、SANA, January 1, 2018、UPI, January 1, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク