ハサカ市で自爆テロ発生、シリア正教徒の民兵組織「ストロ」が狙われる(2018年6月30日)

ハサカ県では、SANA(6月30日付)によると、ハサカ市内にあるガッサーニーヤ学校前で「自爆テロ」が発生し、住民複数人が負傷した。

ANHA(6月30日付)によると、自爆テロは爆弾を積んだオートバイによるもので、シリア正教徒の民兵組織「ストロ」(西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属)の本部を狙ったものだったという。

 

AFP, June 30, 2018、ANHA, June 30, 2018、AP, June 30, 2018、al-Durar al-Shamiya, June 30, 2018、al-Hayat, July 1, 2018、Reuters, June 30, 2018、SANA, June 30, 2018、UPI, June 30, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク