ハーリド・ブン・ワリード軍(ダーイシュ)がダルアー県南西部の反体制派支配地域を制圧、シリア軍はハーリド・ブン・ワリード軍の拠点を爆撃(2018年7月12日)

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月12日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍が反体制武装集団の支配下にあったハイト村を制圧した。

同地はシリア軍の進軍により孤立していた。

一方、ANHA(7月12日付)によると、ハーリド・ブン・ワリード軍の支配下にあるヤルムーク川河畔のサフム・ジャウラーン村、ジッリーン村などをシリア軍が爆撃した。

syria.liveuamap.com, July 12, 2018

AFP, July 12, 2018、ANHA, July 12, 2018、AP, July 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, July 12, 2018、al-Hayat, July 13, 2018、Reuters, July 12, 2018、SANA, July 12, 2018、UPI, July 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク