ダイル・ザウル県南東部でシリア民主軍傘下のマンビジュ軍事評議会と革命家軍がダーイシュと交戦(2018年11月30日)

ダイル・ザウル県では、「テロ駆逐の戦い」を続ける西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に参加しているマンビジュ軍事評議会の広報センターによると、マンビジュ軍事評議会と革命家軍が、イラク国境に近い革命家軍の拠点を攻撃しようとしたダーイシュ(イスラーム国)と交戦、これを撃退した。

また、シリア民主軍広報センターは、22日にタアーナ村でダーイシュの治安部門の幹部の一人ウサーマ・ウワイド・サーリフ氏を拘束したと発表した。

ANHA(11月30日付)が伝えた。

AFP, November 30, 2018、ANHA, November 30, 2018、AP, November 30, 2018、al-Durar al-Shamiya, November 30, 2018、al-Hayat, December 1, 2018、Reuters, November 30, 2018、SANA, November 30, 2018、UPI, November 30, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク