ヨルダン内務大臣「7月以降、イスラエルからホワイト・ヘルメット429人を受け入れ、377人を欧州に送り出した」(2018年12月5日)

ヨルダンのサミール・ムバイディーン内務大臣は、7月にイスラエルによって救出され、その後ヨルダンに移送されたホワイト・ヘルメットのメンバーとその家族に関して、ターリク・フーリー国会議員からの正式な質問に回答し、UNHCRとの連携のもと、これまでにシャイフ・フサイン橋を経由して、429人がヨルダン領内に移送されたことを明らかにした。

ムバイディーン内務大臣によると、移送されたホワイト・ヘルメットのメンバーらは、ヨルダン当局の監督下でアズラク難民キャンプに収容され、うち377人が欧州諸国に引き取られ、のこるメンバーらも近く欧州諸国に引き取られる予定だとという。

ヨルダン日刊紙『ガド』(12月6日付)が伝えた。

AFP, December 6, 2018、ANHA, December 6, 2018、AP, December 6, 2018、al-Durar al-Shamiya, December 6, 2018、al-Ghad, December 5, 2018、al-Hayat, December 7, 2018、Reuters, December 6, 2018、SANA, December 6, 2018、UPI, December 6, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク