ロシア外務省報道官「トルコがシリア領内に安全地帯を設置するには、アサド大統領からの青信号が必要」(2019年2月14日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ソチでのロシア・トルコ・イラン三カ国首脳会談に先だって「アンカラがシリア領内に安全地帯を設置するには、シリアのバッシャール・アサド大統領からの青信号が必要となる」と述べた。

ザハロワ報道官は「主権国家、とりわけシリア領内で、第三国が作戦を行うために部隊を駐留させることの是非は、ダマスカスが直接決着させる問題だというのが、我が国の基本姿勢である」と付言した。

ロイター通信通信(2月14日付)が伝えた。

AFP, February 14, 2019、ANHA, February 14, 2019、AP, February 14, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 14, 2019、al-Hayat, February 15, 2019、Reuters, February 14, 2019、SANA, February 14, 2019、UPI, February 14, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク