トルコのエルドアン大統領、チャヴシュオール外務大臣、アカル国防大臣はロシアのイドリブ県爆撃を非難せず(2019年3月14日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、ベルギーのブリュッセルで開催されている国際会議「ブリュッセル3大会:シリアと地域の未来の支援」で、13日のロシア軍によるイドリブ県爆撃に関して「トルコはいかなる挑発があろうと、イドリブ県にかかる合意を遵守し、地域の平和を維持する決意である」と述べた。

ドゥラル・シャーミーヤ(3月14日付)が伝えた。

**

トルコのフルシ・アカル国防大臣は、「ロシアのセルゲイ・ショイグ国防大臣と先週、イドリブ県でのパトロール実施について合意した」と発表したが、ロシア軍によるイドリブ県爆撃についてコメントはしなかった。

アナトリア通信(3月14日付)が伝えた。

**

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、ツイッターのアラビア語版アカウントに「西側諸国、そして一部イスラーム諸国が「樽爆弾」やミサイルで殺されているシリア国民の痛みを感じたことはない。彼らはまた、カメラの前でイスラエルが殺しているパレスチナの老若男女の苦しみに同情を示したこともない」と綴った。

AFP, March 14, 2019、Anadolu Ajansı, March 14, 2019、ANHA, March 14, 2019、AP, March 14, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 14, 2019、al-Hayat, March 15, 2019、Reuters, March 14, 2019、SANA, March 14, 2019、UPI, March 14, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク