UAEはダマスカス県郊外での観光プロジェクトを再開(2019年3月15日)

UAE(アラブ首長国連邦)は、「アラブの春」がシリアに波及した2011年以降中断していた首都ダマスカス西のサブーラ町(ダマスカス郊外県)での観光プロジェクト「ハムス・シャーマート」(五つの頬ほくろ)を再開し、40米ドルを投資することを決定した。

Yawmiyat Qadhifa Hawn fi Dimasq(3月15日付)によると、プロジェクトを推進していたフッターム社がシリア当局からプロジェクト再開の認可を得て、レバノンの首都ベイルートにいたる高速道路の街路樹の植林、インフラ整備などを行うという。

AFP, March 15, 2019、ANHA, March 15, 2019、AP, March 15, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 15, 2019、al-Hayat, March 16, 2019、Yawmiyat Qadhifa Hawn fi Dimasq, March 15, 2019、Reuters, March 15, 2019、SANA, March 15, 2019、UPI, March 15, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク