ジェフリー米国務省シリア問題担当特使「シリア駐留米軍の撤退にかかる日程は存在しない」(2019年3月15日)

ジェームズ・ジェフリー米国務省シリア問題担当特使はロイター(3月15日付)に対して、「シリア駐留米軍の撤退にかかる日程は存在しない」と述べた。

ジェフリー特使はまた「我々はシリアとイラクに1万5000~2万人のダーイシュ(イスラーム国)支持者がおり、そのほとんどがスリーパーセルだと考えている」と付言した。

シリア人権監視団は、シリアに「アラブの春」が波及した2011年3月15日以降の死者数が37万1222人を記録していると発表した。

うち民間人は11万2000人以上、子供は2万1000人、女性は1万3000人にのぼるという。

AFP, March 15, 2019、ANHA, March 15, 2019、AP, March 15, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 15, 2019、al-Hayat, March 16, 2019、Reuters, March 15, 2019、SANA, March 15, 2019、UPI, March 15, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク