トランプ米大統領「ダーイシュは100%敗北した」、ホワイト・ハウス報道官「シリアの国土はダーイシュから完全に解放された」(2019年3月22日)

ドナルド・トランプ米大統領は、ホワイト・ハウスでパトリック・シャナハン国防長官臨時代行からのブリーフィングを受けた直後、記者らに対してシリアとイラクの地図を見せながら、ダーイシュ(イスラーム国)は「100%敗北した」と宣言した。

**

米ホワイト・ハウスのサラ・サンダース報道官は、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がダイル・ザウル県南東部ユーフラテス川東岸に残っていたダーイシュ最後の支配地バーグーズ村を21日に完全解放したことに関して、記者団に対して「シリアの国土はダーイシュから完全に解放された…。トランプ大統領はシャナハン国防長官臨時代行からこのことの報告を受けた」と述べた。

**

ロシア外務省消息筋は、RIAノーヴォスチ通信(3月22日付)に対して、ホワイト・ハウス報道官の声明に関して、「この声明は説得的とはみなし得ない…。さまざまな推計が示している通り、ダーイシュのテロリスト数千人が依然としてシリア国内にいる」と疑義を呈した。

AFP, March 22, 2019、ANHA, March 22, 2019、AP, March 22, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 22, 2019、al-Hayat, March 23, 2019、Reuters, March 22, 2019、RIA Novosti, March 23, 2019、SANA, March 22, 2019、UPI, March 22, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク