ロシア・シリア両軍の爆撃・砲撃が続くなか、反体制派はシリア政府支配下のアレッポ市ナイラブ・キャンプ地区を砲撃、民間人6人が死亡(2019年5月14日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の反体制派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)に対するロシア・シリア両軍の爆撃・砲撃と、反体制武装集団との戦闘が続き、シリア軍戦闘機による爆撃回数は56回、ヘリコプターによる「樽爆弾」投下数は142発、ロシア軍戦闘機による爆撃は14回、シリア軍が撃った迫撃砲・ロケット弾の数は730発に及んだ。

この戦闘で、民間人10人(シリア政府支配地域で6人、反体制派支配地域で4人)、反体制派戦闘員11人、シリア軍兵士7人が死亡した。

戦闘が激化した4月30日以降の戦闘による犠牲者は398人に達し、うち民間人の数は138人(子供22人、女性30人)となった。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍戦闘機がフバイト村を11回、ハーン・シャイフーン市を7回、ヒーシュ村を4回、トゥラムラー村を3回、ジスル・シュグール市を2回、カッサービーヤ村を2回、ジャバーラー村を2回、カフルサジュナ村を2回爆撃し、ヘリコプターがフバイト村に「樽爆弾」28発、ヒーシュ村に14発、トゥラムラー村に10発、バアルブー村に6発、ハーン・シャイフーン市に6発、フィキーア村に2発、ラカーヤー村に2発、アービディーン村に2発、フライフィル村に2発、マダーヤー村に2発、カフル・アイン村に2発を投下した。

シリア軍戦闘機はまた、ハーッス村、ヒーシュ、タッフ村、サラーキブ市に機銃掃射を行った。

ロシア軍戦闘機も、トゥラムラー村に8回、ウンム・ニール村に2回、ジスル・シュグール市に2回の爆撃を行った。

これらの爆撃で、ジスル・シュグール市で女児1人を含む2人が死亡、またヒーシュ村で1人が死亡した。

なお、シリア軍はこのほかにも地上部隊がフバイト村、トゥラムラー村を砲撃した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍戦闘機がフワイズ村およびフワイジャ村を10回、クライディーン村を2回爆撃し、ヘリコプターがフワイズ村に「樽爆弾」19発、ハウラーター村に2発、フワイジャ村に2発、ダイル・サンバル村に2発、カフルズィーター市に2発、シャフルナーズ村に2発を投下した。

ヘリコプターによる「樽爆弾」投下で、シャフルナーズ村へので1人が死亡した。

シリア軍戦闘機はまた、ラターミナ町に機銃掃射を行った。

ロシア軍戦闘機も、カラ・ジュルン村に2回の爆撃を行った。

シリア軍はこのほかにも地上部隊がカフルズィーター市、フワイジャ村、カストゥーン村を砲撃した。

なお、ANHA(5月14日付)によると、シリア軍が制圧していたタッル・ミルフ村、カルカート村、シャイフ・イドリース村、ハマーミーヤート村、ジャビーン村、バーブ・ターカ村、シャリーア村を反体制武装集団が奪還したという。

また、シャーム解放機構がカルアト・マディーク町で爆弾を仕掛けた車を爆破した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍戦闘機がカッバーナ村を14回爆撃し、ヘリコプターがカッバーナ村に「樽爆弾」35発を投下した。

シリア軍は地上部隊がカッバーナ村一帯を砲撃した。

**

アレッポ県では、ANHA(5月14日付)によると、シリア政府の支配下にあるアレッポ市西部のナイラブ・キャンプ地区が反体制武装集団の砲撃を受け、子供3人を含む6人が死亡した(シリア人権監視団によると、女性1人を含む6人が死亡)。

また、シリア人権監視団によると、シリア軍がカフルナーハー村、マアーッラト・アルティーク村、フライターン市、ハーン・アサル村、マンスーラ村、ザンマール町、ジャズラーヤー村を砲撃した。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(ラタキア県7件、ハマー県2件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を39件(ハマー県31件、イドリブ県2件、アレッポ県1件、ラタキア県5件)確認した。

AFP, May 14, 2019、ANHA, May 14, 2019、AP, May 14, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 14, 2019、al-Hayat, May 15, 2019、Ministry of Defence of the Russian Federation, May 14, 2019、Reuters, May 14, 2019、SANA, May 14, 2019、SOHR, May 15, 2019、UPI, May 14, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク