退役兵士への国民社会支援基金の手当支給が始まる(2019年5月14日)

SANA(5月14日付)は、ダマスカス県、ダマスカス郊外県、ヒムス県、アレッポ県、ハマー県の国民社会支援基金で、退役兵士が行った支援申請に基づき、第1回目となる手当支給が行われたと伝えた。

国民社会支援基金のルワイユ・アルナジー総裁によると、14日にはラッカ県とイドリブ県の申請者に対しても手当の支給が行われるという。

今回の手当支給の対象となる退役兵士は申請者3万4723人のうちの1万1392人で、月額3万5000シリア・ポンドの手当が支給される。

AFP, May 14, 2019、ANHA, May 14, 2019、AP, May 14, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 14, 2019、al-Hayat, May 15, 2019、Reuters, May 14, 2019、SANA, May 14, 2019、SOHR, May 15, 2019、UPI, May 14, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク