アサド大統領はトルコ諜報機関関係者と非公式に会合、エルドアン大統領と直接会談する意思を示す(2019年5月14日)

アサド大統領は、トルコ諜報機関関係者との非公式会合で、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と直接会談する意思を示した。

トルコ人ジャーナリスト、メフメット・ユヴァ氏がトルコ日刊紙『アイドゥンルク』(5月14日付)の記事で明らかにした。

非公式会合に同席したというユヴァ氏によると、アサド大統領は「我々はトルコとの協力に前向き である。もし、それがシリアの国益に合致し、主権に反しないのであれば、我々はエルドアン大統領と会うだろう…。我々はロシアやイランを介してトルコと交渉はしない。トルコとシリアの士官どうしが多くの場所で交渉をしている…。もっとも重要な交渉は(ラタキア県)カサブ市の国境通行所で行われたし…、シリアの施設団はハカン・フィダン国家諜報機構(MİT)長官ともイランの首都テヘランで会談した…。トルコ軍士官は政治家よりも我が国で起きていることを良く理解しており、エルドアン政権内ではシリアに関する意見の相違もある」と述べたという。

AFP, May 14, 2019、ANHA, May 14, 2019、AP, May 14, 2019、Aydinlik, May 14, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 14, 2019、al-Hayat, May 15, 2019、Reuters, May 14, 2019、SANA, May 14, 2019、SOHR, May 15, 2019、UPI, May 14, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク