シリア・ロシア軍の爆撃・砲撃は500回以上に及ぶなか、地上ではシャーム解放機構、トルキスタン・イスラーム党などからなる反体制派とシリア軍が一進一退の攻防を続ける(2019年5月15日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯第1ゾーンに対するシリア・ロシア軍の激しい爆撃・砲撃は16日目を迎えた。

シリア人権監視団によると、シリア軍ヘリコプターが各所に投下した「樽爆弾」は96発、戦闘機による爆撃は50回、地上部隊が発射した迫撃砲弾、ロケット弾は390発あまりに達した。

ロシア軍も4回にわたり爆撃を実施した。

一連の戦闘で、シリア軍兵士9人、反体制武装集団戦闘員12人が死亡した。

なお、4月30日以降の戦闘による犠牲者数は前日より38人増えて436人となった。

うち、148人が民間人(女性32人、子供25人を含む)。

なお、ドゥラル・シャーミーヤ(5月15日付)によると、反体制派との戦闘では、シリア軍側にも甚大な被害が出ており、200人以上が死亡、500人以上が負傷しているという。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍ヘリコプターが、フワイズ村に「樽爆弾」13発、カラ・ジュルン村に5発、フワイジャ村に5発、マイダーン・ガザル村に5発、ハウラーター村に2発を投下、戦闘機がフワイズ村を10回爆撃した。

また地上では、シリア軍がシャフシャブー山(イドリブ県)に面するガーブ平原地域(ドゥラル・シャーミーヤ(5月15日付)によると、マイダーン・ガザル村、フワイズ村、カルカート村など)で、シャーム解放機構、トルキスタン・イスラーム党などと交戦し、同地を激しく砲撃、ハムラー村、ムハージリーン村一帯に進軍、フワイズ村を制圧した。

ドゥラル・シャーミーヤ(5月15日付)によると、フワイズ村を制圧したのはシリア軍とパレスチナ人民兵組織のクドス旅団。

だが、シリア軍は反体制武装集団の反撃を受けて、数時間後に同地から撤退したという。

なお、トルコの支援を受ける国民解放戦線は、シリア軍撤退に先立ち、フワイズ村でシリア軍の車輌を23ミリ砲で撃破したと発表していた。

国民解放戦線はまた、シリア軍が進軍したハムラー村でT-72戦車1輌を破壊したと発表した。

一方、SANA(5月15日付)によると、シリア軍はジスル・バイト・ラース村、フワイズ村にあるシャーム解放機構の拠点を砲撃し、複数の戦闘員を殺傷した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍ヘリコプターが、カッバーナ村一帯に「樽爆弾」49発を投下、戦闘機がカッバーナ村一帯を25回爆撃した。

一方、イバー・ネット(5月15日付)によると、クバイナ丘一帯に進攻を試みたシリア軍部隊をシャーム解放機構が撃退し、兵士4人を殺害、7人を負傷させた。

シャーム解放機構はまた、同地のシリア軍拠点を砲撃し、兵士1人を殺害した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍ヘリコプターが、フバイト村に「樽爆弾」7発、ウンム・ニール村に5発、ウンム・スィール村に5発を投下、戦闘機がハーン・シャイフーン市およびその一帯を7回、カフルサジュナ村を2回、サラーキブ市を2回、スフーフン村を2回爆撃した。

ロシア軍もヒーシュ村を2回、トゥラムラー村を2回爆撃した。

ドゥラル・シャーミーヤ(5月15日付)によると、ジスル・シュグール市に対するシリア軍の爆撃で6人が死亡した。

一方、SANA(5月15日付)によると、シリア軍はジスル・シュグール市、シャフシャブー山、ヒーシュ村、ハーン・シャイフーン市、フバイト村にあるシャーム解放機構の拠点を砲撃した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がICARDAを3回爆撃した。

ドゥラル・シャーミーヤ(5月15日付)によると、シリア軍はカフルダーイル村、カフルハムラ村、フライターン市、ハイヤーン町を砲撃、カフルダーイル村では3人が死亡した。

一方、ANHA(5月15日付)によると、シャーム解放機構が、トルコ占領下のアフリーン郡シーラーワー村近郊のイスカーン(イースカー)村に潜入し、民家を襲撃、なかで眠っていた子供2人を殺害した。

**

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月15日付)によると、サナマイン市でシリア軍と武装集団が軽火器で交戦、シリア軍兵士1人が死亡、3人が負傷した。

戦闘は、軍事情報局のパトロール部隊がシャーム自由人イスラーム運動の元司令官の兄弟のアギード・ザフラ氏、息子のマジュディー・ザフラ氏、アビー・サーリフの名で知られる3人を拘束したのを受けたもの。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(アレッポ県1件、ラタキア県6件、ハマー県1件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を8件(アレッポ県5件、ハマー県3件)確認した。

AFP, May 15, 2019、ANHA, May 15, 2019、AP, May 15, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 15, 2019、al-Hayat, May 16, 2019、Ministry of Defence of the Russian Federation, May 15, 2019、Reuters, May 15, 2019、SANA, May 15, 2019、Shabaka Iba’ al-Ikhbariya, May 15, 2019、SOHR, May 15, 2019、UPI, May 15, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク