トルコ与党AKP報道官「トルコとシリア政府の高官が会談をしたとしても何ら問題はない」(2019年5月24日)

トルコのオメル・チェリキ公正発展党(AKP)報道官は、「トルコとシリア政府の高官が会談をしたとしても何ら問題はない」と述べた。

チェリキ報道官は「公正発展党は、トルコの諜報機関とアサド政権の諜報機関が会合を開き、シリアでの戦闘を止めようとすることがいけないことだとは思っていない。たとえ、アンカラが政権と戦う反体制派を支援しているとしてもだ」と付言した。

AFP, May 24, 2019、ANHA, May 24, 2019、AP, May 24, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 24, 2019、al-Hayat, May 25, 2019、Reuters, May 24, 2019、SANA, May 24, 2019、SOHR, May 24, 2019、UPI, May 24, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トルコ与党AKP報道官「トルコとシリア政府の高官が会談をしたとしても何ら問題はない」(2019年5月24日)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Delicious にシェア
Digg にシェア
Facebook にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
email this
LINEで送る
Pocket

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク