レバノン・ヒズブッラーのナスルッラー書記長「欧米諸国、アラブ湾岸諸国はシリアでの国会選挙に難民を参加させたくないので、その帰国を阻止している」(2019年5月26日)

レバノンのヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、2006年のレバノン紛争の戦勝記念日にあたる「解放記念日」(5月25日)に合わせて、マナール・チャンネル(5月25日付)を通じてテレビ演説を行った。

演説ではシリア情勢についても言及、「アサド大統領は電話会談で、すべてのシリア難民を帰還させたいとの意志を示し、帰還を促す用意があると述べた」と述べた。

ナスルッラー書記長はまた、「しかし、米国、西側諸国、そしてアラブ湾岸諸国は、(2020年に)シリアで(人民議会)選挙があるため、シリア難民が帰国することを頑なに拒否している…。政治的な理由で、シリア難民の帰国を阻止しようとしており、それはアメとムチを用いて行われている…。シリアが安全でないとの吹聴することが、シリア人に帰国への恐怖を抱かせようとする方法の一つだ」と述べ、西側諸国を非難した。

AFP, May 26, 2019、ANHA, May 26, 2019、AP, May 26, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 26, 2019、al-Hayat, May 27, 2019、Qanat al-Manar, May 26, 2019、Reuters, May 26, 2019、SANA, May 26, 2019、SOHR, May 26, 2019、UPI, May 26, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 難民・IDP パーマリンク