ムアッリム外務在外居住者大臣は朝鮮労働党中央委員会副議長と会談(2019年6月26日)

北朝鮮を公式訪問中のワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相は、平壌で朝鮮労働党中央委員会副議長で国際部長を勤める李洙墉(リ・スヨン)氏と会談した。

SANA(6月26日付)によると、会談では両国の友好関係の強化の方途、両国に対する米国など西側諸国の経済テロなどへの対応について意見が交わされた。

会談には、ファイサル・ミクダード外務在外居住者大臣兼副首相、タマーム・スライマーン在北朝鮮シリア大使、外務在外居住者省特別局長が同席した。

AFP, June 26, 2019、ANHA, June 26, 2019、AP, June 26, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 26, 2019、al-Hayat, June 27, 2019、Reuters, June 26, 2019、SANA, June 26, 2019、SOHR, June 26, 2019、UPI, June 26, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク