ダイル・ザウル県で密輸での収益の分配をめぐってシリア民主軍の戦闘員どうしが撃ち合いに(2019年6月28日)

ダイル・ザウル県では、ダイル・ザウル24(6月28日付)によると、ズィーバーン町で人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の戦闘員どうしが、密輸で得た収益の分配をめぐって口論となり、撃ち合いとなった。

衝突は、「ザルダシュト」を名のる司令官が同地の通行所を管理するようになり、石油などの密輸にかかる「手数料」を値上げしたことに端を発しているという。

AFP, June 29, 2019、ANHA, June 29, 2019、AP, June 29, 2019、Dayr al-Zawr 24, June 28, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 29, 2019、al-Hayat, June 30, 2019、Reuters, June 29, 2019、SANA, June 29, 2019、SOHR, June 29, 2019、UPI, June 29, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク