ユーフラテス石油会社:2011年3月以降の混乱での石油部門の被害額は145億5000万米ドル(2019年6月30日)

ユーフラテス石油会社は、2011年3月以降の混乱によってシリアの石油部門が直接、間接に被った被害額が145億5000万米ドルにのぼるとする報告書を発表した。

このうち、ダイル・ザウル県南東部のウマル油田とタナク油田が被った物的被害額は2019年第1四半期の段階で3億3200万ドルに達しているという。

なお、同社は2019年の年間計画において、7000バレル/日の石油生産をめざすとともに、ティーム油田、ニーシャーン油田、シューラー油田を緊急に復旧する予定だという。

『ワタン』(6月30日付)が伝えた。

AFP, June 30, 2019、ANHA, June 30, 2019、AP, June 30, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 30, 2019、al-Hayat, July 1, 2019、Reuters, June 30, 2019、SANA, June 30, 2019、SOHR, June 30, 2019、UPI, June 30, 2019、al-Watan, June 30, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク