イスラエルのヤアロン国防大臣「シリアからの負傷者に人道支援を続けたいのなら、ジハード主義者が国境に近づかないようにしなければならないし、次にドゥルーズ派が攻撃を受けないようにしなければならない」(2015年6月29日)

イスラエルのモシェ・ヤアロン国防大臣は、シリアの反体制派への支援に関して「負傷者が安全壁に近づいたら、支援すべきだ…。負傷者を回復させ、(シリア領内に)戻すべきだ…。しかし、人道支援を続けたいのなら、ジハード主義者が国境に近づかないようにしなければならないし、次にドゥルーズ派が攻撃を受けないようにしなければならない」と述べた。

AFP(6月29日付)が伝えた。

AFP, June 29, 2015、AP, June 29, 2015、ARA News, June 29, 2015、Champress, June 29, 2015、al-Hayat, June 30, 2015、Iraqi News, June 29, 2015、Kull-na Shuraka’, June 29, 2015、al-Mada Press, June 29, 2015、Naharnet, June 29, 2015、NNA, June 29, 2015、Reuters, June 29, 2015、SANA, June 29, 2015、UPI, June 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク