ダーイシュ(イスラーム国)がトルコ国境のタッル・アブヤド市を奇襲、YPGはトルコからの戦闘員潜入を疑う(2015年6月30日)

ラッカ県では、『ハヤート』(7月1日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊によって制圧されたタッル・アブヤド市を奇襲した。

ARA New(6月30日付)によると、ダーイシュは市内の学校や民家を占拠、その際住民4人が負傷し、トルコ領内に通じるアクチャカレ国境通行所に搬送されたが、トルコ側は民間人負傷者の入国を拒否した。

西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊の戦闘員の話によると、タッル・アブヤド市を奇襲したダーイシュ戦闘員は10人ほどからなり、市内に潜伏していたスリーパー・セルか、トルコ領内から潜入したと思われるという。

AFP, June 30, 2015、AP, June 30, 2015、ARA News, June 30, 2015、Champress, June 30, 2015、al-Hayat, July 1, 2015、Iraqi News, June 30, 2015、Kull-na Shuraka’, June 30, 2015、al-Mada Press, June 30, 2015、Naharnet, June 30, 2015、NNA, June 30, 2015、Reuters, June 30, 2015、SANA, June 30, 2015、UPI, June 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク