シリア北部での地上作戦に参加するため、イラン革命防衛隊戦闘員数千人がシリアに到着か?(2015年10月14日)

シリア人権監視団は、ロシア軍がシリア各地での空爆拠点として使用しているラタキア県ジャブラ市郊外のフマイミーム航空基地(バースィル・アサド国際空港)に、イラン・イスラーム革命防衛隊戦闘員が続々と到着している、と発表した。

イラン人戦闘員は、フマイミーム航空基地の旧滑走路・施設に到着しており、これを受け、旧滑走路・施設を使用して行われているロシア空軍による空爆も一時中断しているという。

これに関して、AP(10月14日付)は、シリア人活動家らの話として、イランとヒズブッラーが数日前に、シリア北部と中部に戦闘員数百人を派遣している、と伝えた。

またこれに関して、『ハヤート』(10月15日付)は、イランから派遣された部隊が、アレッポ県、イドリブ県、ハマー県、ラタキア県など、ロシア軍の空爆が集中的に行われている地域での戦闘に参加すると思われると伝えた。

**

イランのホセイン・デフガーン国防大臣は、イラン、ロシア、イラク、シリアの4カ国がダーイシュ(イスラーム国)殲滅に向けた新たな共同作戦を計画しているとしたうえで、「我々は、タクフィール主義集団を完全に根絶するためにシリア領内で重要な進展を迎えようとしている」と述べた。

『ハヤート』(10月15日付)が伝えた。

**

SANA(10月14日付)は、ワリード・ムアッリム外務在外居住大臣(兼副首相)が、イランのアラーッディーン・ボロージェルディー国会国家安全保障外交政策委員長とダマスカスで会談し、「テロとの戦い」などの諸分野における二国間協力関係の強化に関して意見を交わしたと伝えた。

**

AFP(10月14日付)は、イラン国営テレビ特派員のInstagramが、イラン・イスラーム革命防衛隊の司令官2人(ファルシャード・ハッスーニー・ザーデ、ハミード・ムフタール・バンド)がシリア国内での戦闘で12日に死亡したと書き込んだと伝えた。

AFP, October 14, 2015、AP, October 14, 2015、ARA News, October 14, 2015、Champress, October 14, 2015、al-Hayat, October 15, 2015、Iraqi News, October 14, 2015、Kull-na Shuraka’, October 14, 2015、al-Mada Press, October 14, 2015、Naharnet, October 14, 2015、NNA, October 14, 2015、Reuters, October 14, 2015、SANA, October 14, 2015、UPI, October 14, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク