ダーイシュ(イスラーム国)はアレッポ市北部入口のシリア軍拠点複数カ所を自爆攻撃(2015年10月14日)

アレッポ県では、ARA News(10月14日付)によると、アレッポ市北部の自由貿易地区入口に位置するシリア軍拠点複数カ所に対してダーイシュ(イスラーム国)が爆弾を積んだ車で自爆攻撃を行い、兵士数十人が死傷した。

また、SANA(10月14日付)によると、シリア軍がアレッポ市東部の航空士官学校一帯、フワイジーナ村、ジュッブ・サファー村、カスィール・ワルド村、ナアーム丘一帯、タッル・サブイーン村、タッル・サブイーン村、タッル・イスタブル村、ダマーン村で、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、ジュブ・サファー村、フマイマ村、カスィール・ワルド村、ナースィリーヤ村、ワディーア村、ダクワーナ村、スース丘、サブイーン丘、ナアーム丘一帯、タッル・イスタブル村、タッル・ファーウーリー村でダーイシュの拠点を空爆した。

一方、シリア人権監視団によると、米トルコ両政府が設置合意した「安全地帯」内のタッル・ジャビーン村一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)とジハード主義武装集団や山地の鷹旅団などからなる反体制武装集団が交戦し、双方合わせて20人の死者が出た。

**

ヒムス県では、SANA(10月14日付)によると、シリア軍がタドムル市郊外三角地帯、ウンク・ハワー村東部でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、マヤーディーン市のダーイシュ(イスラーム国)拠点が戦闘機(所属不明)によって空爆された。

一方、SANA(10月14日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル航空基地一帯、マリーイーヤ村郊外、ムーハサン市でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、SANA(10月14日付)によると、シリア軍と人民防衛諸組織がサーリヒーヤ村でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, October 14, 2015、AP, October 14, 2015、ARA News, October 14, 2015、Champress, October 14, 2015、al-Hayat, October 15, 2015、Iraqi News, October 14, 2015、Kull-na Shuraka’, October 14, 2015、al-Mada Press, October 14, 2015、Naharnet, October 14, 2015、NNA, October 14, 2015、Reuters, October 14, 2015、SANA, October 14, 2015、UPI, October 14, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク