シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、ナアーム村、ナアーム丘を制圧(2015年10月15日)

アレッポ県では、SANA(10月15日付)によると、サフィーラ市郊外のナアーム村、ナアーム丘をダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末に制圧した。

シリア軍はまた、ジュッブ・サファー村、フマイマ村、カスィール・ワルド村、ナースィリーヤ村、ワディーア村、ダクワーナ村、スース丘、ナアーム丘、タッル・イスタブル村、タッル・ファーウール村で、ダーイシュの拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル市ハウィーカ地区をシリア軍が砲撃、またダイル・ザウル航空基地一帯での戦闘でダーイシュ(イスラーム国)戦闘員1人が死亡した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つタブカ市で、ミサイルによると思われる爆発が発生した。

一方、クッルナー・シュラカー(10月15日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)ラッカ州が、ラッカ県北部の支配地域出暮らす14歳以上の男性に対して、ダーイシュの警察当局に氏名などの登録を行うよう告知した、と伝えた。

この告知は13日に行われ、同報道は、ラッカ県での戦闘に備え、ダーイシュは徴兵制の施行に向けた準備を行っていると付言した。

**

アッシリア人権監視団は、ダーイシュ(イスラーム国)がヒムス県カルヤタイン市で拘束していたキリスト教徒50人を12日に解放したことを確認したと発表した。

アッシリア人権監視団によると、ダーイシュは依然として、同市のキリスト教徒156人を拘束しており、そのうちの75人は女性だという。

**

ハサカ県では、ARA News(10月15日付)によると、ダーイシュ(イスラーム軍)がハサカ市東部のカウカブ山のシリア軍連隊基地を襲撃した。

AFP, October 15, 2015、AP, October 15, 2015、ARA News, October 15, 2015、Champress, October 15, 2015、al-Hayat, October 16, 2015、Iraqi News, October 15, 2015、Kull-na Shuraka’, October 15, 2015、al-Mada Press, October 15, 2015、Naharnet, October 15, 2015、NNA, October 15, 2015、Reuters, October 15, 2015、SANA, October 15, 2015、UPI, October 15, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク