ダーイシュ(イスラーム国)支配下のハサカ県シャッダーディー市の奪還をめざすシリア軍とYPG主体のシリア民主軍が交戦し、シリア軍が後退(2015年12月22日)

ハサカ県では、ARA News(12月22日付)によると、ハサカ市に駐留するシリア軍部隊がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘するため、同市南部のアリーシャ市近郊に進軍したが、同地に集結する西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がこのシリア軍部隊を攻撃、2時間以上にわたる戦闘の末、シリア軍部隊は撤退した。

シリア政府に近い消息筋によると、この戦闘に先立って、東部地区(ダイル・ザウル県一帯)でのダーイシュとの戦闘の指揮をとるシリア軍ムハンマド・ハドゥール少将は、ハサカ県のアラブ人部族と会談し、ダーイシュの拠点都市の一つであるシャッダーディー市解放に向けて子息をシリア軍に従属させるよう要請し、従軍した若者には月額で700米ドルを、また部族長には1,000米ドルを支給すると約束していたという。

しかし、米軍の後援を受けて、シリア民主軍を主導する人民防衛部隊は単独でのシャッダーディー市攻略をめざしているという。


AFP, December 22, 2015、AP, December 22, 2015、ARA News, December 22, 2015、Champress, December 22, 2015、al-Hayat, December 23, 2015、Iraqi News, December 22, 2015、Kull-na Shuraka’, December 22, 2015、al-Mada Press, December 22, 2015、Naharnet, December 22, 2015、NNA, December 22, 2015、Reuters, December 22, 2015、SANA, December 22, 2015、UPI, December 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク