シリア軍がアレッポ県東部、ヒムス県中部でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続ける(2015年12月22日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属不明)がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つバーブ市、マスカナ市を空爆し、住民1人が死亡した。

一方、SANA(12月22日付)によると、シリア軍がバーブ市、アイシャ村、アイン・バイダー村、ナッジャーラ村、タッル・ハッターバート村、ジュルーフ村、シャルバア村、アイン・ジャフシュ村、タッル・アイユーブ村、ダイル・ハーフィル市、アルド・マッラーフ地区、タッル・マスィービーン村、ビージャーン丘、スースィヤーン丘でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、ARA News(12月22日付)によると、シャーム戦線がダーイシュ(イスラーム国)と交戦の末、米トルコが設置合意した「安全地帯」内のカッラ・マズラア町を制圧した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がタドムル市一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

一方、SANA(12月22日付)によると、シリア軍がマヒーン町、ハドス村、ハズム村、フーシュ・アブー・ファラジュ村、ウンム・カッドゥーム丘、ダフラト・ドゥカーン丘、ドゥフール・フザイミーヤ村、ラスム・タウィール村、サワーナ町、タイバ村・スフナ市街道、タドムル市でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(12月22日付)によると、ダイル・ザウル市ハラービシュ地区の学校校庭に迫撃砲弾複数発が着弾し、女子生徒9人が死亡、15人が負傷した。

AFP, December 22, 2015、AP, December 22, 2015、ARA News, December 22, 2015、Champress, December 22, 2015、al-Hayat, December 23, 2015、Iraqi News, December 22, 2015、Kull-na Shuraka’, December 22, 2015、al-Mada Press, December 22, 2015、Naharnet, December 22, 2015、NNA, December 22, 2015、Reuters, December 22, 2015、SANA, December 22, 2015、UPI, December 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク