ダマスカス郊外県ムウダミーヤト・シャーム市でシリア軍が有毒ガスを使用か?(2015年12月22日)

ダマスカス郊外県では、ザマーン・ワスル(12月23日付)によると、ムウダミーヤト・シャーム市に対するシリア軍の攻撃で、12歳の子供1人を含む10人が搬送先の野戦病院で死亡、また30人以上が有毒ガスによると思われる「鼻血、呼吸困難、縮瞳」などの症状を訴えた。

また、有毒ガスによる症状を発症した負傷者と思われる映像(https://youtu.be/uBipzVHTIEghttps://youtu.be/LIUrcfIXpDgなど)がインターネット上で公開された。

ザマーン・ワスルは、地元の複数の住民の話として、22日午後9時、ダマスカス県マッザ区にあるマッザ航空基地から発射されたロケット弾2発がムウダミーヤト・シャーム市に着弾し、有毒ガスが放出されたと思われると伝えた。

一方、シリア人権監視団によると、シリア軍がムウダミーヤト・シャーム市を「樽爆弾」で攻撃し、少なくとも28人が死傷した。

同監視団によると、ムウダミーヤト・シャーム市南部一帯では、シリア軍、国防隊がジハード主義武装集団と交戦しており、「樽爆弾」での攻撃は、ジハード主義武装集団の攻勢によってシリア軍が同地から後退した後に行われたという。

なお、シリア軍ヘリコプターでの「樽爆弾」攻撃での犠牲者のなかには、ジハード主義武装集団戦闘員4人も含まれるという。

しかし、AFPによると、シリア治安筋は、攻撃において使用された兵器が「伝統的」兵器のみだと述べ、化学兵器使用疑惑を否定した。

AFP, December 23, 2015、AP, December 23, 2015、ARA News, December 23, 2015、Champress, December 23, 2015、al-Hayat, December 24, 2015、Iraqi News, December 23, 2015、Kull-na Shuraka’, December 23, 2015、al-Mada Press, December 23, 2015、Naharnet, December 23, 2015、NNA, December 23, 2015、Reuters, December 23, 2015、SANA, December 23, 2015、UPI, December 23, 2015、Zaman al-Wasl, December 23, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク